タイマー・カウンタ

当社のタイマー及びカウンター製品には、時間遅延リレーやタイムスイッチの他、お客様の仕様に合わせて自動化された省エネの電力管理システムを作成するための、機械式及び電子式カウンターが用意されています。この項では、特にCouzetやオムロンなどの市場をリードする製品について説明します。

以下では、取り扱いのある主な種類のカウンターを対象としています。

  • カウンター - 一般に、特定の期間内の入力パルス数をカウントします。カウンターにはメモリがあるため、以前のイベントを保存できます。カウンターは同期又は非同期でなければなりません。一般的なカウンターは、2進リップルカウンター、リングカウンター、BCDカウンター、ディケードカウンター、アップ / ダウンカウンター、周波数カウンターの6種類です。
  • DINレール時間スイッチ - 照明、加熱、冷却装置のオン / オフ位置を制御します。あらゆるタイマースイッチと同じ機能を果たしますが、これはDINレールに取り付け可能です。
  • タイマー照明スイッチ - 特定の時刻に特定のライトを点灯させる自動点灯スイッチです。タイマー照明スイッチには複数のタイプがあり、動き、時間帯、周囲照明レベルに基づいて照明を制御します。
  • メカニカルカウンター - 機械式コンポーネントを通じて作動し、周回数、回転数、ストローク、ボタンが押された回数などの変化を数えます。一般的に、軸に取り付けられた一連の円盤で構成され、縁には0から9の数字が記されています。
  • プラグインスイッチタイマー - このタイプのタイマーは、家庭用コンセントに直接接続し、制御対象のデバイスを接続する追加プラグインコンセントとして機能します。このソケットの代表的な用途は照明の制御です。プラグインスイッチタイマーには、デジタル式又は機械式があります。どちらの方式でも、複数の時間範囲を追加できます。
  • 表面実装型タイムスイッチ - プラグインスイッチタイマーに類似していますが、接続されているコンセント以外の場所に取り付け可能です。通常はHVAC、ラボ用機器、屋外照明、及び浸漬ヒーターの制御に使用されます。
  • タイムディレーリレー - タイマーが組み込まれた制御リレー。タイムディレーリレーは、次のようなさまざまな用途で使用できます。オンディレー(設定時間を過ぎた後に電圧が印加されます)。オフディレー(トリガを使用して、出力接点をアクティブにしてタイマーを開始します。タイマーがサイクルを完了すると、接点の通電が遮断されます)。反復サイクル(リレーに電圧が印加されると、タイマーが開始されます。時間サイクルの終わりに達すると、再び時間接点の状態が変わり、タイマーが再起動されます)。