検索キーワード履歴

    ロジックコンパレータ

    ロジックコンパレータ (バイナリコンパレータ)及びデジタルコンパレータは、1ワードのバイナリ値をテストするための組み合わせ回路として設計された半導体ロジックIC (集積回路)です。

    ロジックコンパレータとは

    ロジックコンパレータは、別のバイナリワード値よりも大きいか、 小さいか、 又は等しいかをテストします。このデバイスは、デジタルロジック回路設計で広く使用され、他のキーロジック回路でも使用されています。

    ロジックコンパレータの種類

    ロジックコンパレータには、主に次の2種類があります。

    • マグニチュードコンパレータ - このデバイスには、出力が2つあります。 1つは、オブジェクトAの値がBの値より大きいロジックで、等価性を示すために使用されます。
    • IDコンパレータ - IDコンパレータは、2つのバイナリ数値を比較するデバイスで、出力は1つです。

    ロジックコンパレータには、ICに設定されているビット数、 最大動作電源電圧、さらにプッシュプルやTTL (トランジスタ-トランジスタロジック)といった出力タイプなど、さまざまな構成タイプが取り揃えられています。

    ロジックコンパレータの用途

    このICには、次のようなさまざまな用途があります。

    • プロセスコントローラ
    • サーボモータ制御
    • 計測条件の修正や検出
    • CPUのロジック
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数