型番

ウォールスキャナ

ウォールスキャナは手持ち工具で、スタッド、 穴開け作業前のパイプおよびび AC 活線の検出に使用されます。 ウォールスキャナは、 スタッドファインダ又はスタッド検出器と呼ばれることもあり、金属の存在を特定のほか、 鉄および非鉄がある位置の特定を、 壁内又はボードの背後に埋設されたものに対して行えます。 専門家や電気技術者が使用するこの検出器は、工具箱に欠かせないテスト機器です。 RS Componentsでは、高品質ウォールスキャナを各種取り揃えており、 Bosch 、 Zircon ともちろん RS Pro など主要メーカーの製品を扱っています。

ウォールスキャナはどのように機能しますか?

お使いのウォールスキャナのタイプに応じて、 検出は、磁気式又は電子的に行われます。 電源をオンにしてスキャンモードを選択したら、開始できます。 デバイスを壁面に平らな状態で当てたまま、スキャンする領域の上を移動します。 ウォールスキャナがオブジェクトを検出すると、 ビープ音が連続して鳴ります。

磁気検出器 強力なマグネットで、 石膏ボードのような壁の素材の内側にあるねじ、スタッドまたは釘の位置を検出します。

電子検出器 センサを使用して、壁の誘電率の変化を検出します。 スキャナセンサがスタッドを通過すると、誘電率が変化します。

用途

使いやすい多機能工具は、新築、メンテナンス、修理など、さまざまな建築プロジェクトで使用されます。 スタッドファインダとウォールスキャナは、穴開け時にパイプやケーブルが打撃を受けないようにすることで、貴重な時間とコストを節約します。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0