検索キーワード履歴

    気象観測装置

    気象観測装置は、天候や環境に関連するデータを収集する気象用計器です。周囲の気圧である大気圧を測定します。一般的には、気圧が下がると天気が悪くなり、気圧が上がると天気が良くなります。温度が氷点下になったとき、又は温度が高くなりすぎたときにアラーム音が鳴るように設定できるタイプもあります。


    気象観測装置の種類に応じて、たとえば、基本セットからプロ向けの全セットまで、気象条件の測定にはさまざまなセンサを使用します。


    • 気温 - 屋内外の気温

    • 大気圧

    • 湿度

    • 風向と風速

    • 月相

    • 太陽放射

    • 露点と降雨

    気象観測装置の用途は何ですか?


    特定の地域の現在の気象条件について正確な測定のために頻繁に使用されます。 収集した情報は、その後の研究及び分析 / プロジェクトのために保存し、表示することができます。温室の監視など、さまざまな用途に使用できます。また、爬虫類などのペットの飼育ケースを適温に維持し、安全な環境を確保できます。 危険な天候の悪化を予測することができるため、ハリケーンや洪水が予想される場合に該当区域の住民を避難させることができ、また屋外のイベントの計画にも役立ちます。


    気象観測装置の種類


    • 住宅用気象観測装置 - 個人用の気象観測装置では、住宅の周囲や屋内の気象データが得られます

    • ワイヤレス気象観測装置 - センサを使用して気象観測装置のデータを収集し、無線周波数を使用してベースユニットにデータを送り返します。これは多くの場合、PC又は直接インターネットに伝送されます

    • 気圧計 - 現在はほとんどがデジタル形式です。このため、非常に大量のデータを保存及び測定することができます。多くは、湿度の測定値も得られる多機能デバイスで、民生の気象観測装置でも取り入れられています。キャリブレーションされていれば、高度が高くなるほど気圧が低くなる原則を利用して、高度を測定するためにも使用できます。この機器は「気圧高度計」又は単に「高度計」と呼ばれることもあり、多くの場合、ポータブルです。

    • 総合気象観測装置 - 多くのアップグレードオプションが用意され、測定用の追加外部ユニットがあります。

    次のような用途があります。


    • 教育

    • ホビー

    • 園芸

    • 農業 - 農場やブドウ園

    • 建設

    • 航空機及び船舶輸送
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数