基板・試作用品

PCB(基板)はプリント回路基板の略語です。エンジニアは、本生産前に試作基板を設計することがあります。試作基板を作成することにより、欠陥を早期に検出して、調整が必要なコンポーネントをすばやく特定することができます。試作が行われていないと、修復不能なエラーや欠陥が発生して適切な性能を得られず、開発に時間がかかり、プロジェクトの開発期間を延長することになり、収益が失われ、顧客の不満を生む事態になりかねません。

基板は多数の電子デバイスを統合した部品なので、生産後にエラーが発生したり適切な性能を得られない場合には、コストがかかる可能性があります。本生産前に基板を試作することで、このような事態を回避できます。回路基板の試作品をテストして適切に動作することを確認してからさらに複雑な設計に移行し、最終的に量産に移行します。試作品を組み立ててテストすることにより、回路及び基板レイアウト設計の強度に関するフィードバックが得られ、その設計内容が、意図したすべての要件(機能、性能、物理的要件)を満たすかどうかを確認できます。

基板 / 試作用品を使用する理由

標準的な基板製造工程に先立って基板試作品を作製して評価することで、時間とコストを節約でき、最終的により優れた製品を製造することができます。新しい基板設計を開発する際は、多くの必要なテストを速やかに実施する必要があります。そうしない場合、収益のロスが発生してしまいます。また、複数の基板を含む複雑な製品の単機能をテストするために試作基板が使用されることもあります。これらのテスト機能を個別に確認していない場合、後で性能の問題が発生したときに、問題の原因となっている基板を確認できません。この確認作業には時間とリソースを要しますが、個々の機能を段階的に試作品で確認しておけば時間とリソースを節約できたはずです。次のような条件が当てはまる場合は試作品を製作する価値があります。

  • 新製品
  • 品質と設計のテスト
  • 複雑なコンポーネント
  • モデリング目的

基板/試作用品の用途

基板は、さまざまな関連回路を介してコンポーネントを接続し、さまざまなバリエーションを構成し、幅広い状況下で動作します。次のような分野で使用されます。

  • 家庭用電化製品
  • 医療機器
  • 自動車部品
  • 産業機器
  • 照明技術
  • 航空宇宙計器類

基板/試作用品は、以下のような領域を対象にしています。

  • EMI/RFIシールド材料
  • 基板クリーナー
  • 金属加工、切削、穴あけ、成形、掘削
  • 基板エッチング/製作用品
  • 基板ハンドツール
  • 基板スペーサー / サポート