電池

電池は、ポータブルなエネルギー源で、電気機器の電源として使用されます。電池には化学エネルギーが蓄えられており、作動すると、これが電気エネルギーに変わります。すべての電池には正(陽極)端子と負(陰極)端子があります。

電池の用途は、驚くほど多様です。腕時計や補聴器、リモコン、ハンドヘルドコンソールから、電気自動車に至るまで、さまざまな電気機器に電力を供給できます。RS Componentsでは、お客様の用途に合わせて幅広いバッテリを揃えています。

電池の種類

電池の形状とサイズはさまざまですが、すべて主に2つのカテゴリ、乾電池(一次)電池と充電式(二次)電池に分類されます。

乾電池は使い切りです。電池内部の化学反応が弱くなると、有用な電力を供給することができなくなります。通常は充電式よりも低価格ですが、常時高出力を必要とする高出力用途には適していません。

充電式電池は何度も充電と放電を繰り返すことが可能です。この電池は、電力消費の激しいデバイスに適しています。この種類の電池を使用する主な利点の1つは、完全に再充電すれば、すぐに使用できる状態になることです。

電池はどのようにして保管する必要がありますか?

電池は、常に涼しく乾燥した環境で保管してください。すべての電池は自己放電します。つまり使用していない間も電力を失います。自己放電率が1年間で20 %になることもあります。温度を下げると、電池の自己放電率を下げることができます。

電池の危険性

電池は非常に安全な電源ですが、電池内で起こる化学反応による危険性がないとはいえません。

  • 漏れ - 腐食や穿刺が原因で、電池内の化学物質が漏れるおそれがあります。
  • 爆発 -乾電池を充電しようとすると、爆発が発生するおそれがあります。
  • 有毒物質 - 電池には水銀や鉛が含まれている場合があるので、適切に廃棄する必要があります。
  • 飲み込み -電池を飲み込むと非常に危険です(特にボタン電池)。電池は子供の手の届かないところに保管し、電池を飲み込んだ場合はすぐに医師の診察を受けてください。
  • 空輸 - リチウムベースの電池の空輸には制限や禁止事項があります。リチウム電池を購入又は輸送する場合は、注意してください。