機械安全機器

当社の幅広い機械安全機器は、食品及び飲料などの工場オートメーションや、公益事業や鉱業のプロセスオートメーションなど、あらゆる産業分野で保護機能を実現します。これには、非常停止スイッチ、非接触セーフティスイッチ、ライトカーテン、安全フェンス、ドアなどの装置の設置が含まれます。

機械ガードとは何ですか?

機械ガードとは、製造及び工学機械の危険区域周辺に保護安全装置、フェンス、固定具を設置し、機械のオペレータやその他の作業員を偶発的な人身事故や死亡事故から保護することです。

機械ガードが必要な理由は何ですか?

すべての雇用主の第1の目標は、安全な作業環境を形成することで、すべての従業員を人身事故から守ることです。機械の運転時には、作業員が怪我をするさまざまな要因があり、事故防止のために、運転前に徹底的なチェックが必要です。つまり機械が十分にメンテナンスされ、すべての安全防護要件が適合し、正しく機能していることを確認します。

どのような状況で機械ガードが必要ですか?

どのような機械操作でも、切断、火傷、軽度の擦過傷から、裂傷、挫滅、切断などの重度の事故に至るまで、何らかの人身事故が発生する可能性がある場所には機械ガードが必要です。機械の作動範囲が広いと、機械のオペレータや周辺で作業する作業員に危険が生じる可能性があります。これには、可動部品、作業点、ピンチポイントやせん断ポイントなどが含まれます。機械のオペレータや作業員は、機械の運転中に機械の近くで作業を行う際に負傷する危険性があります。このような事故には、裂片や破片、火花、噴霧による人身事故が含まれます。

機械ガードの責任者は誰ですか?

リスクアセスメントを実施し、機械を安全に操作するのに必要な防護策を決定するのは、機械メーカー及びエンドユーザーの責任です。また、機械が法律に準拠していることを確認する必要もあります。メーカーは、機械の使用状況及び誤使用の可能性を予見し、装置を操作する人の作業点、ピンチポイント、せん断ポイントを考慮する必要があります。ただし、メーカーは、生産ライン又は製造環境内に機械を設置した後に、装置の設置、操作、メンテナンスに潜む潜在的な危険性をすべて予測することはできません。最初の設置時に個別のリスク評価を実施し、潜在的な危険を認識する責任はエンドユーザーにあります。またエンドユーザーは定期的に、すべての機械ガード及び機械安全機器が取り付けられ、適切に維持、機能していることを確認する必要があります。