D-subコネクタ ガイド

技術情報 Ideas and Advice

半導体, 電子部品, 工具, 計測器, 制御機器, 機械部品など
今さら聞けない あんな質問・こんな質問にお答えします!

D-subコネクタとは?

D-sub(Dサブ)コネクタは、コンピュータをはじめ各種電子機器に対応した、小型、軽量、高信頼性の角型コネクタで、機器間の接続用として幅広く利用されています。一般的に結線方式は、ハンダ、圧着、圧接、基板取付用スルーホール、ラッピング、SMTといったタイプや高密度実装型、EMI(電磁障害)対策型などがあります。

D-subコネクタのロック装置

D-subコネクタ使用時において必要不可欠なのがロック装置です。コネクタ本体が主役であれば、ロック装置やカバーなどのアクセサリは脇役となります。

機器側D-subコネクタとケーブル側D-subコネクタを嵌合し固定する時には、必ずロック装置が必要になります。

● スプリングロック

スプリングとプレートからなる部品です。主に機器側D-subコネクタにスプリングを取り付け、ケーブル側には金属製クランプとプレートを取り付けることで、ワンタッチでロックできます。

● スライディングロック

リテーナーとポストの組合せで、リテーナーを左右に移動させてロックします。金属製クランプを使用します。

● スクリュウロック

ロッキングスクリュウとロックナットからなる部品で、コネクタフランジの両サイドに取り付け、コネクタ同士の固定に使用します。こちらも金属製クランプを使用します。

● 嵌合台固定

六角形タイプと長方形タイプの二種類があり、コネクタ両端に取り付けることで相手コネクタに付属した分割型クランプフードの嵌合固定用ネジと結合させる固定台です。

   
         
 

ケーブル対ケーブルの中継をする場合は、分割型クランプフードをオス、メスコネクタに使用し、長方形嵌合固定台を間に使用すれば固定が可能です。

   
       
 

D-subコネクタ Q&A

Q. D-subコネクタのオス同士のケーブルを繋げられない場合、何かいい方法はありませんか?

A. Dサブコネクタのオス・メス変換アダプタとして、ジェンダチェンジャがあります。


Q
. D-subコネクタで、固定ネジはインチとミリどっちですか?

A. 国内でモデムなど通信機器やPC等には、2.6ミリや3.0ミリネジが使用されています。

Q. 圧着用D-subコネクタには、ピンは付いているの?

A. 圧着用シェルには、付いていません。ピンを必要数揃えて圧着工具でかしめて下さい。大量作成時に向いています。はんだ用シェルには、基本的にはピンが付いています(高密度D-subには、付属されていません)。

Q. 基板実装コネクタで、ストレートとアングルタイプの違いは?

Aストレート:基板に垂直にコネクタが出るタイプ。
      アングル:基板に水平にコネクタが出るタイプ。

Q. D-subコネクタで中継したい。何かいい方法はありますか?

A. 可能です。分割型フードをご使用であれば、長方形型嵌合固定台を間に使用することで中継可能です。金属カバーの場合、スクリュウロックタイプやスライドバータイプで中継可能になります。(一部、形状等により使用できないものもあります。)

Q. D-subのプラグとソケットの違いは何ですか。

A. ピンが出ているほうがオスでプラグ、穴が開いているほうがメス:ソケットで、メーカーが付けている名称です。Dサブコネクタの場合、プラグがオス、ソケットがメスです。

プラグとソケットの違い


Q. D-subアダプタの表記の9M、25F、SPやLPとは、何でしょうか?

A. 9Mは、オスコネクタの9Pin、25Fは、メスコネクタの25Pinです。LPは、ロックポストでネジがオスになります。SPはスクリューポストでネジはメスになります。

D-subコネクタ 関連製品

ものづくり 基礎知識